プロジェクションマッピング

テーマ:「シンカ」
日時:2月10日(日)18:00~20:50(随時投影) 
場所:経蔵南面
特別協力:MONOLITH / 国立高専機構 長野高専

経蔵は、宝暦九年(1759年)に建立された宝形造りのお堂です。内部中央には八角の輪蔵があり、その中には仏教経典を網羅した「一切経」が収められています。輪蔵に付属している腕木を押し回すことでこの一切経を全て読んだことと同じ功徳が得られると言われています。今回、第十六回長野灯明まつりでは、去年と同様に、経蔵の南側にプロジェクションマッピングを行います。今回のプロジェクションマッピングのテーマは「シンカ」です。我々は、時代と共に様々な「進化」を遂げて来ました。そして、長野という街も繁栄と衰退を経て、我々と共に現代まで歩んできました。今回は、今までに人々が歩んできた時代の流れや、人と街の変化を「進化」という点で捉え、そして、その時代の流れを今まで見守ってきた、善光寺の「真価」を作品に反映できたらと思っております。

ゆめ常夜灯
ゆめ灯り絵展
宿坊ゆめ茶会
ボランティア募集
オフィシャルスポンサー
アクセス
ホテルメトロポリタン長野
ホテルサンルート長野
ホテルサンルート長野東口

トップへ戻る